ムダ毛の自己処理は正しい方法で行いましょう

ムダ毛の自己処理

自己処理(じこしょり)とは、脱毛について言うときはちょっと特殊な意味合いがあります。

 

恋肌(こいはだ)のような専門の脱毛サロンではなく、自分自身でムダ毛の除去をすることを自己処理と呼んでいるのです。

 

ムダ毛の自己処理は面倒なものですが、恋肌(こいはだ)のような脱毛サロンに通っていても、脱毛施術が完了するまでの間は自己処理が必要です。

 

自己処理は、どんな方法を取っても、肌に一定の負担はかけてしまいます。肌のトラブルの元になってしまうことも多く、正しい自己処理方法を理解しておくことは重要です。

 

当サイトでは、できるだけ肌への負担が少ない方法を正しい自己処理方法と考えて、ご紹介して行きます。

 

ムダ毛を抜くのは避けましょう

ムダ毛を抜くのは避けましょう

最初に覚えておいた方が良いのは、ムダ毛を抜くのは出来るだけ避けた方が良い、ということです。

 

ムダ毛を抜くと、とても痛いのですが、この痛みは肌へかかる負担のバロメーターのようなものです。

 

ムダ毛を抜くと、抜いた毛の根元に柔らかい組織が付着しているのが分かりますが、これは無理やり引きちぎられた皮膚組織です。

 

毛抜きなどでムダ毛を抜くのは、とても簡単ですけれど、実は肌への負担が非常に大きい、とても危険な行為なのです。

 

ピンポイントでこの毛だけを抜く、という場合はともかく、例えば、ワキ全体を毛抜きで自己処理するとか、一定の面積以上を毛抜きで自己処理することは止めた方が良いです。

 

ムダ毛を抜く系統の自己処理方法

ムダ毛を抜く系統の自己処理方法は、毛抜きだけでなく、脱毛ワックスとか、脱毛テープもあてはまります。共通しているのは「痛い」こと。痛みは肌へかかる負担が大きいことを示していますので、痛い自己処理方法は基本的に避けた方が無難です。

 

正しく使えばカミソリで剃るのがベスト

正しく使えばカミソリで剃るのがベスト

ムダ毛の自己処理方法としては、正しく使えばカミソリで剃るのがベストです。

 

カミソリで剃ると、ムダ毛の毛根部はそのまま残り(無理やり抜かずに済み)、ムダ毛を途中からカットすることになります。

 

間違えて肌を切らない限りは痛くないことからも分かるように、肌への負担も少なくて済みます

 

点ではなく、カミソリの刃という面で処理できることで、処理効率が高いことも時間の短縮という意味で助かります。

 

カミソリで剃ると、肌をごく薄くですが削ってしまうことにもなるので、事前事後のケアは必要ですが、総合的にムダ毛の自己処理方法としてはもっともおすすめできます。

 

ムダ毛を途中でカットする系統の自己処理方法

ムダ毛を途中でカットする系統の自己処理方法は、カミソリで剃るだけでなく、その電動版として電気シェーバーや、脱毛クリーム(除毛クリーム)もあてはまります。脱毛クリーム(除毛クリーム)は、比較的強い薬剤の力でムダ毛を溶かすものですので、自分の肌との相性には気を付けましょう。

 

(参考)蒸しタオルを活用すると便利!

蒸しタオルを活用

カミソリで自己処理する時は、蒸しタオルを活用すると便利です。

 

@自己処理前には対象部位を温めて、ムダ毛を柔らかくする。
A自己処理後には対象部位を冷やして、肌を引き締める。
B最後に保湿ケアをしっかり行う。

 

この3段階のすべてで蒸しタオルを活用することができます。

 

蒸しタオルは、自宅でも簡単に作ることができます。水に濡らしたタオルを、食品用のラップで包み、電子レンジで温めるだけです。数秒で十分温まりますので、温度には気を付けてくださいね。

 

蒸しタオルは、温かいうちは@の事前ケアに、冷えてきたらAの事後ケアに、最後はBで保湿ケアした際の拭き取りなどにも使うことができます。ぜひ蒸しタオルを活用してみてくださいね。

 

全身脱毛サロン『恋肌(こいはだ)上野店』について紹介しています。格安料金で全身脱毛したい人は、TOPページから詳細を確認してみてください。脱毛情報なども順次追加しています!